福井大学ワンダーフォーゲル部OB会東京支部
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FUWVOB東京支部 新年会2013.01.19
FUWVOB会の皆さま
高木(H3卒、32-IS)です。

東京支部新年会『横浜、西洋館巡りと中華街での昼食』の写真を公開します。
今年一番の冷え込みの中、天気も良く絶好のウォーキング日和でした。

<参加者9名(敬称略)>
8-T 佐々木
8-A 柴本
8-A 野路
8-M 畑下
8-A 松島
8-P 久保田
11-M 鈴木
32-IS 高木夫妻(淳、ミハエラ)

東京支部の新年会を横浜に指定し、皆に合うのを一番楽しみにされていた故 幸 圀夫先輩(S39年卒:建築)に対し、昼食会の冒頭で黙とうを捧げました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

そして、横浜での新年会を企画していただいた畑下様、幹事 鈴木様に感謝します。

新年会の案内を添付します。
ーーーー
あけましておめでとうございます。旧年に先行連絡した畑下様の発案の「東京支部新年会:横浜、西洋館巡りと中華街での昼食」を下記の通り開催いたします。万障お繰り合わせの上、是非ともご参加の程、宜しくお願いいたします。
尚、その後の追加ご参加、又は変更等は、今週中にご連絡お願い致します。
★日時:1月19日(日)10時 JR石川町駅南口元町口(横浜からは先頭車両寄り) (北口(中華街口)におりると川を挟んでかなりの回り道になるので注意)
(西洋館巡りは団体行動なので添付ファイルの道順で歩いて最低2時間ぐらいはかかると思うので、集合時間は30分前倒しましょう)
★ 西洋館巡りは各館の入館(全て無料)は土足禁止、スリッパが用意されているので、脱ぎ履きのしやすい靴がベタ-。
★関帝廟:三国志の英雄・関羽を「商売の神様」として祀る極彩色の壮麗な建物は、まさに中華街のシンボル。
★会食は「四五六采館(しごろくさいかん)新館」12:30~
 http://www.456saikan.com/  (新館、本館、別館3か所あるので注意)
★費用:料理のみ ¥4.000+お酒¥2,000弱かな?
    会費:男¥6.000位 女性¥4,000
★人数:9名(12名テ-ブル室)、増える場合は早めに連絡ください。
★団体名:福井大学

←*←*←*←*←
FUWV-OB 東京支部 連絡係   鈴木 武雄
ーーーー — 場所: 神奈川県横浜市
訃報
謹んでご冥福をお祈りいたします

DSC06932s.jpg
いよいよ創立ワンデリング
創立・合同ワンデリングの開催まで

あと1週間になりました

宿泊地の「本栖湖いこいの森」の

リンクを貼っておきます。


名古屋支部ブログ管理者2号
H25創立W事前調査結果(竜ヶ岳登山)
H25創立W事前調査結果(竜ヶ岳登山)
みなさん
お変わりありませんか?
7月21日松島・柴本・高木・畑下で事前調査に行ってきました。
夏ですから中々、一日中は富士山も見えなく、チラチラ雲間から見える
天気でした。

今回の創立Wも名古屋支部との共催ですが(ほとんど名古屋支部におんぶにだっこ)、
関東支部としては、参加人数だけでも貢献すべく、松島支部長に代わり
ご協力お願いいたします。
創立Wは10月19日(土)~20日(日)に開催されると聞いております。
再会を楽しみにしております。




2013-07-21-21_convert_20130724114917.jpg
2013-07-21-41_convert_20130724114846.jpg


2013-07-21-40_convert_20130724114802.jpg

2013-07-21-11_convert_20130724114726_20130724115658.jpg


H25年創立W調査(竜ヶ岳登山) 7月21日(日)曇り時々晴れ 松島・柴本・畑下・高木



IMG_0555.jpg

 9:10       9:16     9:53(小憩)    10:18(中憩)      11:00      11:10
登り 2:00
下りは本栖湖畔登山口パーティ(柴本・畑下)と本栖湖いこいの森キャンプ場直行パーティ(松島・高木)に分かれる。
・竜ヶ岳~0:08~分岐点~0:50~本栖湖畔登山口~0:15~駐車場=(車)=本栖湖いこいの森キャンプ場
 12:10       12:18         13:09          13:24 下り 1:15
・竜ヶ岳~0:30~端足峠~1:00~浩庵テント村~0:10~本栖湖いこいの森キャンプ場 下り 1:40
 12:10       12:40         13:40         13:50  【参考】端足峠~雨ヶ岳往復(2:00)
・ トイレは本栖湖キャンプ場駐車場の近くの一か所のみ。登山路は良く整備されているが、両側クマ笹の狭い所あり。
・ 登山口から最初のベンチがあるところまでヒノキの樹林帯の急坂を登る(ベンチまでが一番辛い)。
右手の樹間から南アルプス(当日は頂上付近は雲の中)が見えてくる。
ベンチで視界がパッと開けて雄大な富士山が目の中に飛び込んでくる。
・ ここからは、今までの急坂と違って富士山、眼下に青木ヶ原樹海を眺めながらの高さ1m強のクマ笹の斜面の
登りの快適な尾根歩き。約20分も歩くと東屋・石仏で、ここからの富士山の眺めはまた一段と雄大。
・ 東屋から、また急坂となる。つづら折りの急坂を喘ぎ喘ぎ登っていくと、30分弱で本栖湖畔登山道との分岐点
に着く。分岐点からは、急坂も無くなり、山頂に着く。山頂は、広々。6人座れるテ-ブルとベンチが4個点在。
山頂からは西方向に聖~北岳~鳳凰三山まで南アルプスが一望できるが、当日は雲で殆ど見えなかった。

★下りは両コ-ス共、全く視界のないブナ林の急坂を下るだけなので事前調査隊としては時間はかかるが
眺望の良い尾根を往復するのを推奨する。また、本栖湖いこいの森キャンプ場から竜ヶ岳への直登コースは、
全く視界のない急坂を登るだけになり避けた方が良い。



創立ワンデリング 現地調査
DSC03792s.jpg

6月23日に創立ワンデリングの

宿泊地の現地調査に行ってきました。


正式な発表は今週末のOB総会にて

DSC03810s.jpg

DSC03802s.jpg

東京支部・名古屋支部双方から調査隊が現地で集合!

名古屋支部ブログ管理者2号
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。